Kareido

境界の象徴とも言える「線」は、

密度を上げていくにつれて面に近づいていきます。

Kaleidoは美しい線の集合で空間に境界を作り出します。

円を回転させたり、重ねたりして、

様々な模様と密度で空間を区切っていきます。

折りたたみ式の脚の高さを変えることで、

スクリーンの高さをコントロールすることもでき、

透過と遮断によって空間にリズムを生み出します。

​Exhibited in Milan : Ventura Lambrate