Rhino

オフィス空間は時代の流れとともに多様に変化しています。

Rhinoは3方向まで自由に展開が可能なパーテーション。

しっかりと空間を切り分けながら動線に抑揚を与えます。

前後に大きく広がった脚や車輪は付いていないので

すっきりとしたオフィス展開が可能。

ファブリックパネルにはピンを差し込むことが出来るので、

ミーティング時のアイデアや、デスクを囲むように配置して

タスクやポスターを張り付けることが出来ます。

​ファブリックパネルは様々な色味から選択が可能で、

膝隠しを追加することでよりグラフィカルに変化します。

Client : ADAL